クマンドのバックパッカー日記

クマンドが海外旅行や国際情勢について書くブログ。

パレスチナ編 ベツレヘム ウォールド・オフ・ホテル

ベツレヘム分離壁の近くにバンクシーアートで有名な、バンクシーが建てたホテルがある。

 

THE WALLED OFF HOTEL(ウォールド・オフ・ホテル)と名付けられたホテルは、今年の3月にオープンしたばかりだ。

 

分離壁や教会巡りで有名なベツレヘムだが、バンクシーの建てたホテルがベツレヘムに出来たことで、観光客も増えている。

forbesjapan.com

 

分離壁の目の前にホテルが建てられているため、場所がわかりやすく目立つ。

 

宿泊客は入場無料で、宿泊客以外は15シェケル(450円)で見学することができる。

 

f:id:kumand:20171009225733j:plain

ホテル外観。わかりやすい建物で目立つ。

 

f:id:kumand:20171009230054j:plain

チンパンジーのベルボーイ。

 

ドアを開けると小さめのロビーがあり、不気味なアートが飾られている。

 

f:id:kumand:20171009231237j:plain

酸素マスクを付けた不気味な天使のアート。

 

f:id:kumand:20171009231450j:plain

防犯カメラのアート。

 

f:id:kumand:20171009231743j:plain

鉢に入る金魚が見つめ合う。

 

f:id:kumand:20171010153535j:plain

有名なバンクシーアートを模した物。花束を投げる男性。

 

f:id:kumand:20171009232403j:plain

手が雲状になっている彫像。

 

ロビーを抜け左手に行くとミュージアムの受付がある。

ミュージアムの入り口は狭く、中はあまり広くない。

 

f:id:kumand:20171010152104j:plain

中東問題の元凶と言われるアーサー・バルフォア伯爵。

 

f:id:kumand:20171010152956j:plain

親愛なるロスチャイルド卿へ。

 

f:id:kumand:20171010154901j:plain

パレスチナベツレヘムを隔てる分離壁

 

f:id:kumand:20171010155036j:plain

うねる様にして作られている分離壁

 

f:id:kumand:20171010155155j:plain

存在感のある監視塔。上からイスラエル兵が見渡している。

 

f:id:kumand:20171010155428j:plain

セキュリティチェックを受けるパレスチナ人。

 

f:id:kumand:20171010155556j:plain

ベビーカーを押す傍らでの出来事。

 

f:id:kumand:20171010155733j:plain

ベツレヘムのチェックポイントにて。細長い通路を通りセキュリティチェックを受ける。

 

f:id:kumand:20171010160029j:plain

チェックポイントのゲート。イスラエルへ行けるのは一握りのパレスチナ人だけだ。

 

f:id:kumand:20171010160330j:plain

分離壁にかかれたイスラエル国旗。

 

f:id:kumand:20171010160729j:plain

パレスチナ北部と南部はイスラエルとの衝突が多い地域だ。

 


THE WALLED OF HOTEL MUSEUM

パレスチナの歴史を解説した映像。

ユダヤ人入植地がパレスチナを分断している事や、水利権の問題も絡んでいる事もあり、中東問題の解決は長引いている。

 

f:id:kumand:20171010162405j:plain

存在するための抵抗。

 

f:id:kumand:20171010162541j:plain

パレスチナが独立する日は来るのか?

 

中は小さいながらも、複雑な中東問題について視覚的に訴える展示が多いのが印象的だった。

ブログ内では紹介してない展示も数多くあるため、パレスチナに訪れた際は是非現地で確かめて欲しい。