クマンドのバックパッカー日記

クマンドが海外旅行や国際情勢について書くブログ。

バックパッカー

パレスチナ編 ナブルス ナブルス市内観光

ナブルス市内に着き、早速ホテルにチェックインする。 ナブルスで泊まるホテルは旧市街の中にあり、観光をするのに便利な立地にある。 ナブルス旧市街の入り口。 異国情緒がある。 ホテルの入り口。 古い建物を改装して作ったホテルらしい。 EUや国連開発計…

パレスチナ編 パレスチナの交通手段について

今日は朝早くからナブルスへ向かう。 ナブルスへは直行のセルビス(パレスチナ都市間を結ぶタクシー)が無いため、ラマラを経由する必要がある。 前回旅行時にラマラへ訪れたため、今回ラマラの写真は全く撮影していない。 kumand.hatenablog.com パレスチナの…

パレスチナ編 ベツレヘム 何もない一日

ベツレヘムを一通り見終えた後はパレスチナ南部の都市ナブルスへ向かう予定だった。 炎天下の中帽子なしで歩き回ったせいか、頭が痛む。 歩き回るのもつらく何もする気が起きない。 ホテルをチェックアウトし、ベツレヘム市内の別のホテルで一日休憩する事に…

パレスチナ編 ラマラ アラファト博物館

※この記事は2月旅行時点での情報です。 目的地はパレスチナの暫定首都であるラマラ。暫定首都と言うのも、本来パレスチナが主張している東エルサレムはイスラエルが実行支配しているからだ。 昨年の11月にオープンしたばかりのアラファト博物館があると聞き…

パレスチナ編 ベツレヘム 教会巡り

分離壁とTHE WALLED HOTELを見終わった後は、ベツレヘムのメインとなる聖誕教会方面へ向かう。 ベツレヘムは広い街ではないため、分離壁から歩いても苦にならない。 ベツレヘム中心部へ向かうために通った道。 パレスチナ国旗が掲げられたホテル。 キリスト…

パレスチナ編 ベツレヘム ウォールド・オフ・ホテル

ベツレヘムの分離壁の近くにバンクシーアートで有名な、バンクシーが建てたホテルがある。 THE WALLED OFF HOTEL(ウォールド・オフ・ホテル)と名付けられたホテルは、今年の3月にオープンしたばかりだ。 分離壁や教会巡りで有名なベツレヘムだが、バンクシ…

パレスチナ編 ベツレヘムの分離壁

ベツレヘムはキリスト教の聖地として有名だが、この街はもう一つの側面がある。 「大きな壁で囲まれた街」だと言う点だ。 イスラエルがパレスチナ側の自爆テロ防止のため2002年に建設した分離壁。 建設後に自爆テロ件数を9割減らす等、治安維持に相当の効果…

パレスチナ編 パレスチナへ

2日間エルサレムを見終わった後はパレスチナへ。 リボリホテルの朝食。 簡素だが、栄養バランスのいい食事が食べられる。 朝食はピタ(中東のパン)、フムス、コーンフレーク、ぶどう、ヨーグルト、ピーマン、ブラックオリーブを食べた。 エルサレム旧市街を城…

イスラエル編 ロックフェラー博物館

ロックフェラー。 この名前を聞いたことがある人は多いだろう。 たとえ、どういう事をしたのか知らない人でもだ。 大半の人はこう答えるだろう。 「アメリカの大富豪」、「アメリカの石油王」 インターネット上に溢れる、いわゆるユダヤ陰謀論を信じる人は …

イスラエル編 オリーブ山

エルサレムを観光する際、必ず訪れておきたい場所の一つとしてオリーブ山がある。 オリーブ山は旧市街から歩いていける距離にあり、旧市街と同じく観光地が密集している。 旧市街を観光した後にオリーブ山に行きたい場合は、ライオン門から出ると早い。 ライ…

イスラエル編 エルサレム旧市街観光

長時間のフライトで疲れていたのでホテルでシャワーを浴び、休憩を取ってから観光をする事に。 ホテルから徒歩3分ほどでダマスカス門前に着く。 旧市街の門で一番大きいダマスカス門 猫が寝転んだ エルサレムの観光スポットは、1km四方の狭い旧市街に集中し…

イスラエル編 エルサレムへ

2017年8月の猛暑の中、日本から香港を経由してイスラエルへ。 香港国際空港 香港を経由して行く便で、乗り継ぎ時間を含め片道20時間ほどかかる。 日本から香港行きの便で注文した、 フルーツプレートの特別機内食。 香港からイスラエルへ向かう便は、キャセ…