読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマンドのバックパッカー日記

クマンドが海外旅行や国際情勢について書くブログ。

イスラエル・パレスチナ旅行[7日目]

朝早くに起きた自分はシャワーを浴び、再びベッドの中に入る。

時計を見ると朝6時だ。

この日は朝から雨が降っており、イスラエルパレスチナ全土雨模様だ。

雨の日は何もする気にならない。

今日はシャバットと言われているユダヤ教の休日だ。

日本では土日が週末だが、イスラエルでは金土が週末になっている。

シャバット期間中はユダヤ教の戒律で労働が禁止されている。公共交通機関は運休、スーパーなどの店もほとんど閉まる。

そのため、シャバット期間中に働いている人達はほとんどがユダヤ教徒以外らしい。

最近イスラエルで増えてきているロシア系やイスラム教徒、キリスト教徒等がこれに当てはまる。

今日から三泊するホテルはハイファと呼ばれる都市にある。

ハイファはイスラエル国内でも事情が違うようで、シャバット期間中でも公共交通機関は僅かながら動いている。

他の都市と比べ世俗的な雰囲気があるそうだ。

宗教的なエルサレムと比べたらなおさらだろう。

 

ホテルをチェックアウトし、エルサレム新市街のセントラルバスステーションへと向かった。

 

雨の中だと言うのに傘をさしている人は少ない。

見た感じ、傘を指している人が3割、ダウンジャケットを着ている人が3割、雨に濡れても気にしてない人が4割もいる。

 

日本との感覚の違いだろうか。

 

そんな事を思いながらセントラルバスバスステーションテーションの中に入る。

窓口でハイファ行きのチケットを37.5シェケル(1070円)で買う。

2時間ほどで1000円程の値段は安い。

 

イスラエルでは国の方針で交通費は安めに設定されている。

 

その分食料品等は日本以上に高いことを覚悟しておかなければならない。

f:id:kumand:20170214235054j:plain

 ハイファ行きの940番が来るまでベンチで休憩しながら時間を潰す。

セントラルバスステーションの中は売店やフードコートがたくさんあり、見ているだけでも楽しい。

途中でトイレに行きたくなったので入ってみる。

f:id:kumand:20170214235902j:plain

1シェケル(30円)を入れて鉄のバーを倒して入る方式のトイレだった。

 

ベンチに戻ってからすぐに940番のバスが来たので乗り込む。

車内は比較的すいている。

 

ちなみに緑色のバス車体のエゲットバス車内には無料wifiがついており長時間の移動でも苦にならない。

f:id:kumand:20170215001302j:plain

 

 ハイファにバスが近付くと大荒れした地中海が見えてきた。

その様子を見ていた中国人達が声を上げる。

バスの運転手が中国人達に「泳いでくるか?」と言うと、一斉に否定していた。

ホフ・カルメル駅近くのセントラルバスステーションにバスが着き、内部に入る。

 

ハイファのセントラルバスステーションは中心部から離れており、それから電車かバスを乗り継がないと中心部に行く事はできない。

 

なぜこんな所にバスステーションがあるんだろうと疑問に思いながらホテルの近くに付くバスを探した。

いくら世俗派の都市で公共交通機関が動いていると言っても電車は動いておらず、バスやタクシーも便を減らしながら動かしていると言う感じだった。

バスは片道ハイファ市内ならどこで降りても5.9シェケル(180円)なため財布に優しい。

テルアビブやエルサレムでも同様の制度があるのでイスラエル政府はかなり頑張っていると感じた。

 

バスに乗り、ホテルのあるハダール地区を目指す。

バスは坂道をくだりながらくねった道を走るため、乗り物酔いに弱い人には相当きつい。

 

バスの運転手になるべく近くのばバス停で降りたいと伝えると、「近くなったらバスの出口を開けて減速しながら走るよ。」と言った。

 

運転手に例を言いバスを降りた。

 

イスラエルパレスチナでは困ったことが会ったらすぐに周りの人に聞いた方がいい。

なぜなら無視する人(省略)

見知らぬ人同士でもわからないことがあったらすぐ周りの人に聞く文化が根付いているため、引っ込み思案な人でも遠慮せず質問することだ。

 

ホテルの前に着き外見を見てみると結構年季の入った建物で周りには瓦礫の山が積んであったりと不安になった。

入り口も分かりにくく一目見ただけではまず分からない。

誰かいないか叫んで見ると中からおじさんが出て来た。

このおじさんはホテルのオーナーで親切だ。

聞くと日本にも訪れたことがあり、東京、神奈川、名古屋、大阪に行ったそう。

 

キーを受け取り部屋に入るとおじさんが部屋の使い方を説明してきた。

何かの説明が一つ終わるたびに「君、わかったか?」と声を張り上げて言うのがツボにはまってしまい、その光景が面白かった。

 

窓が開かないのと、外見に年季が入っていることが気になったが、オーナーの人柄のおかげで途中でどうでもよくなった。

チェックインの後出かけたが、雨とシャバットのため、近くにあったロシア系スーパーで買い物しただけで済ませた。

 

8日目に続く。

 

7日目の写真が三枚しかないため、ベストショットコーナーはありません。

 

 

代わりに旅行中の写真をまとめた動画をYouTubeにアップして見ました


The Exodus Song 栄光への脱出