読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマンドのバックパッカー日記

クマンドが海外旅行や国際情勢について書くブログ。

イスラエル・パレスチナ旅行[9日目]

バックパッカー 海外旅行 イスラエル パレスチナ

7日目、8日目にほぼ観光出来なかった自分は9日目にまとめて見られなかった所を回ることにした。

朝から溜まった洗濯物を洗うため、コインランドリーへ。

f:id:kumand:20170215230114j:plain

 コインランドリーとは思えないおしゃれな外見。

 

店員に値段を聞くと30分洗って24シェケル(720円)もするが仕方がない。

このコインランドリーはカフェが併設されている。

f:id:kumand:20170215230717j:plain

無料wifiもついている。

 

ネットで最終日に泊まる場所を探していると自分と同い年位のアジア系の男から話しかけられる。

 

アジア系の男「初めまして、話したいことがあるんだけど時間大丈夫かな?」

クマ「洗濯物が洗い終わるまでならいいよ。」

アジア系の男「俺の名前はブカ、君は?」

クマ「クマンドだよ、クマって呼んで。」

ブカ「クマはどこから来たの?」

クマ「日本からだよ、福岡。」

ブカ「福岡?聞いたことない、俺はモンゴルから。大学が休みで30日間旅行してるんだよ。」

クマ「ウランバートルから来たん?  」

ブカ「なんでわかったんだよ。」

クマ「モンゴルはウランバートルにほとんどの人口が集中してるからそう思ったんだよ。」

ブカ「よく知ってるね、所でクマは何歳?学生? 俺は22才の大学生。」

クマ「20代だよ、もう働いてる。ブカの専攻は?」

ブカ「建築を専攻してる。」

クマ「建築とか難しそうやね、授業についていけてる?」

ブカ「大丈夫だよ、ちゃんとついていけてるし。」

ブカ「クマは彼女いるの?」

クマ「いない、でも俺はイケメンだからすぐ彼女出来るよ。」

 

この後もとりとめのない話をして行く。

ブカ「クマの宗教は?」

クマ「仏教だよ。」

クマ「ブカはモンゴル人やろ、モンゴルは仏教徒多いって聞いた事ある。」

ブカ「クマは何でも知ってるね、俺はキリスト教徒だけど、俺の家族はほとんど仏教徒。」

ブカ「神様はいると思う?」

クマ「神様はいるよ。」

 

ブカ「でも、仏教徒は神様を信じてないよね。」

クマ「仏教は宗派によって違うんだよ、日本だと解釈が別れてる。」

 

他の国でも宗教について聞かれる事が時々あったが、宗教に無知な自分はいつもこう答えるようにしている。

無用なトラブルを避けるためだ。

ブカは一瞬考え込み「ペン持ってる?」と自分に言って来た

ブカはかばんからノートを取り出し、何かを書き出した。

 

f:id:kumand:20170218204703j:plain

 ブカの書いた宗教概略図。

ブカ「人は生まれながらにして罪を持っている。」

 イスラエルに行く旅行者は宗教全般に対する知識を持っていたほうがいい。特に聖書に関する議論は旅行者同士でもなされているからだ。

 

ブカが「神様を信じるなら天国に行ける。」と言った後、洗濯機の音が鳴る。

連絡先教えてくれるかと言われたのでwhatsappのidを教えた。

ブカはこの後イスラエル北部に行くようで「何かあったら連絡してくれ。」と言い去って行った。

 

 

自分は一度ホテルに戻り洗濯物を乾かすことにした。

その後、ハイファを下りカルメリットと呼ばれるイスラエル唯一の地下鉄に乗ることに。

 

カルメリットは地下鉄とケーブルカーが一緒になったような形をしており、珍しい乗り物だ。

全長2kmの斜面を片道約10分で移動する。

料金は片道5.9シェケル(180円)で区間内であればどこでも降りられる。

f:id:kumand:20170218212619j:plain

 

f:id:kumand:20170218213005j:plain

 パリ広場駅のアート。変なキャラクターが書かれている。

 

二度と乗ることのない乗り物かもしれないので、終点まで動画撮影。


carmelit in haifa

 雰囲気だけでも動画で感じてもらいたい。

カルメリットを降りた後、再びバハーイ庭園へ。

 

昨日とは違い晴れている。

f:id:kumand:20170218214146j:plain

 レバノン国境がハイファから見渡せる。

大きな船が沖にあるが、聞くと天然ガス田が7年前に見つかり作業をしているようだ。

 

ハイファにはもう一つ珍しい乗り物がある。


イスラエル ハイファのケーブルカー

団子三兄弟みたいに繋がっていてかわいい。

ハイファのケーブルカーは独特な形をしている。

 

坂を降りていくとエリヤの洞窟と呼ばれる、ユダヤ教イスラム教、キリスト教、ドルーズ教の聖地らしいが、完全にユダヤ教色しかない。

 

f:id:kumand:20170218220900j:plain

 

f:id:kumand:20170218221117j:plain

 女性用と男性用に分かれている。

f:id:kumand:20170218221358j:plain

 

 この洞窟の壁に願い事の書いた紙を入れると願い事が叶うとガイドブックに書いていたので、願い事を紙に書き壁の窪みに入れた。

 

しばらく歩き続け、ホテル近くにあったcofixに寄る。

 

f:id:kumand:20170218223049j:plain

 テルアビブでもエルサレムのcofixでも見かけなかった寿司があった。

店員に寿司を注文するも売り切れており、仕方なくピザ一切れとサラットイスラエリー(イスラエル風サラダ)で夕食を済ませる。

他のcofixでも探したが、どこも売り切れていた。

この日はハイファを堪能し満足したのですぐ眠れた。

 

今日のベストショット

 

f:id:kumand:20170218225041j:plain

中東に平和を。