クマンドのバックパッカー日記

クマンドが海外旅行や国際情勢について書くブログ。

パレスチナ編 ナブルス ナブルス市内観光

ナブルス市内に着き、早速ホテルにチェックインする。

ナブルスで泊まるホテルは旧市街の中にあり、観光をするのに便利な立地にある。

 

f:id:kumand:20171228205640j:plain

ナブルス旧市街の入り口。 異国情緒がある。

 

f:id:kumand:20171228205936j:plain

ホテルの入り口。 古い建物を改装して作ったホテルらしい。

 

f:id:kumand:20171228210433j:plain

EUや国連開発計画等の協力を得て建てられた。

 

f:id:kumand:20171228210750j:plain

シングルルーム客室。

 

f:id:kumand:20171228211847j:plain

ホテルの中庭。 中庭の椅子は自由に座れる。

 

f:id:kumand:20171228213517j:plain

夜の中庭。 涼しい夜中に地元の人達が休憩で使っている。

 

f:id:kumand:20171228212324j:plain

フロントに頼むと、ナブルス市内の観光地図を貰える。

 

f:id:kumand:20171228212816j:plain

ナブルス1泊目の朝食。 麩のような食べ物が塩辛かった。

 

f:id:kumand:20171228213014j:plain

ナブルス2泊目の朝食。 ピタやシャクシューカ、タヒーナ等イスラエルとほぼ同じものが食べられている。

 

f:id:kumand:20171228213932j:plain

ケージに入っている七面鳥。 辺りにきつい臭いがしていた。

 

f:id:kumand:20171228214249j:plain

市場の雑踏を歩く。

 

f:id:kumand:20171228214451j:plain

この階段を降りると市場の中に入れる。

 

f:id:kumand:20171228214811j:plain

モスクの近くにあるマナラ・クロックタワー

 

f:id:kumand:20171228223030j:plain

パレスチナでよく見かける鍵のモニュメント。

 

f:id:kumand:20171228215126j:plain

誰もいない坂道。

 

f:id:kumand:20171228215342j:plain

ナブルス旧市街を歩くのは中々楽しい。

 

f:id:kumand:20171229200023j:plain

アルクドゥススイーツと言う店で中東の菓子クナーファを食べる。

 

f:id:kumand:20171229201650j:plain

持ち帰りでクナーファを食べた。 中に入っているチーズがおいしい。

 

f:id:kumand:20171228220353j:plain

ナブルス中心部。かなり活気がある。

 

f:id:kumand:20171228220614j:plain

ナブルスの人口は20万人ほどらしい。

 

f:id:kumand:20171228220950j:plain

一人でナブルスを歩いているとよく声をかけられるが、地元の人達はほぼ英語を話せない。

 

f:id:kumand:20171228221313j:plain

ナブルスは山と山に挟まれた都市だ。

 

f:id:kumand:20171228221451j:plain

豪華なショッピングセンター。 おそらくパレスチナで一番品揃えがいいだろう。

 

 

 

f:id:kumand:20171228221656j:plain

パレスチナ銀行の建物。ベツレヘムでも見かけた。

 

ナブルスを歩いていると、パレスチナ人の顔が映し出されたポスターを良く見かける。

ホテルの従業員から聞いた所、イスラエル軍との衝突で無くなった殉教者らしい。

ナブルス中心部に殉教者がイスラエル軍に殺害された場所に碑が建てられているが、どの碑も人通りが多い場所にあり、衝突の激しさがわかる。

 

また、殉教者が亡くなった日付が最近の物も少なくなく、自分が旅行していた時も、ユダヤ人入植者との衝突が起きていた。

 

f:id:kumand:20171228231856j:plain

ナブルスの殉教者ポスター。

 

f:id:kumand:20171228232145j:plain

半日ほどの街歩きでも100枚以上殉教者ポスターを見かける事になるだろう。

 

f:id:kumand:20171228223518j:plain

勇ましい音楽が流れながら、イスラエルとの衝突場面が写し出される。

 

f:id:kumand:20171228223711j:plain

イスラエル兵達。

 

f:id:kumand:20171228224042j:plain

スクラムを組んでいる人達。詳細不明。

 

f:id:kumand:20171228223856j:plain

行進をするハマスの兵隊達。

 

f:id:kumand:20171228224405j:plain

ラマラで会談するトランプ大統領の娘婿クシュナー氏とアッバス議長。

 


パレスチナのテレビ

 

 

ナブルスは街歩きが楽しい都市だが、外務省から危険度3の勧告が出されている。

パレスチナ住民とイスラエル間の衝突も多い地域のため、行く場合は情勢に注意すべきだろう。

 

参考URL

www.anzen.mofa.go.jp